「伝える」について

色々忙しくさせていただいています。ありがとうございます。

仕事させていただきながら、仕事の在り方についてなど、イロイロ考えるのですが

今朝Twitterでつぶやいたことが、今私が大事に思っていることをかなり言い現せたな。。と思ったので、メモがわりに日記に掲載しときます。

続きを読む

なぁさん

ムスメなぁさん(高校2年)は、夏休みも毎日「ロボットの手」をつくるために都城へ通っています。

寮が開いてる時は寮に泊まり、閉まっている時は朝7時に家を出て、夜8時半に帰ってきます。

帰ってくるとすぐご飯を食べて、その後すぐになにやら勉強してます。たぶん宿題だと思います。23時くらいまでやってます。

んで朝6時に起きて、弁当作って、7時の電車に乗って、ロボットの手を作りに都城へ行きます。

ワタシが、雑念に襲われたり、しょうもないこと考えている間も、黙々と進んでいます。

すごいなぁーと思います。

 

ブログ

ググってたら、偶然2009年頃の自分のブログに出会い、思わず読み耽ってしまいました。

当時の私はめっちゃテンション高いなぁ。

比べると、今はテンションの低いなぁ。なんでしょうね?情報や周囲のテンションに食われちゃってるのかなぁ。

それにしても、ブログは他のSNSほどの露出はないけれど、ちゃんとその時その時の思いをしっかり刻んであって、やっぱオモシロいですね。
周囲の空気にとらわれることもなく、奇をてらう必要もなく、伝える義務もなく、、日々の出来事や本音を綴る場所。

↓コレは、2009年に母に借りたお金を返し終わった時のブログ。

完済記念日 http://ayaweb.jp/column/?p=1417

当時グッズ事業で、銀行をはじめ親からもお金を借りた時のことを思い出しました。
世話になったのに、日々入ってくる情報や雑念にまみれて記憶から消えかかっていたのですが、当時のブログを読んで、記憶がよみがえってきました。

時間とともに記憶は薄れていくだけに、心から思った「ありがとう」とか「ごめんなさい」とか「がんばろう」とか。。。

残していかないと、もったいない。

ブログを書こう。

そして、たまに読み返そうっと。

代価

発電を試みたものの、失敗に終わったワタクシとしては、一ヶ月1〜2万円で、他所様の発電の恩恵を被れるなんて、大変ありがたいことだと思いました。

英知とリスクの賜物をお裾分けいただくのですから、13000円と言われれば、13000円の価値です。価格に文句言う筋合いじゃありません。

払えない時は、コレしかないですね。

自己調達するか、もしくは、使わないか。

 

↑ コイツに価値の計算ができるのか?

デフレ脳は、更なるデフレ社会を呼びますね。

経済を支えるのは消費ですが、消費者が殿様ではないのです。