東北食べる通信の高橋編集長の車座に参加

11988496_1134625476566125_8407215883329275270_n

昨夜は、「東北食べる通信」の高橋編集長を囲む車座に参加。
今の日本社会が抱える問題、失われたリアリティ、農村・漁村、農家・漁師さんはリアリティそのもので、リアルが欠乏した社会に提供できる価値であること。オラがなんで農家さんに惹かれるのかもわかった(笑)

また、現在進められる”地方創生”や”移住促進”についても、オラは混沌とした違和感とモヤモヤを抱いていたのだけれども、モヤモヤを明確に言語化してくださって、めっちゃ気持ち良かった。

いや、ものすごく頭のいい人だなぁ〜〜と思いました(≧∇≦)(笑)
感じることは近くても、論理的に具現化できて、それを解決するべき具体的な方法をみつけて行動に移して、継続できているのがすごい☆

あと車座に参加されていた宮崎の人たちの想いも、とても共感するところが多く、こんな人たちが宮崎にいるんだーーと、出会えてよかった!!
迷った時はこの人たちに相談しよう(笑)

生産の都合より消費者と流通業者の都合が優先される消費社会。

美味しいもの・健康になるものを作ってることより、儲かる農家が評価される地方社会(※儲かることを否定しているわけではなく、地方社会が経済に目がいきすぎるあまり、目的と手段が逆転しているのでは?という意味です。)

そんな社会に、、爪楊枝レベルでも風穴を開けたいと思っているのですが、なかなか自らメディア運営をする覚悟はなく、、、

でも、
☆食の道を追求する生産者を理解支援する小売店や流通業者に頑張ってもらうこと。

☆食の道を追求する生産者さんの情報をできるだけ消費者さんに伝え・理解していただけるように、、、

☆生産者さんには安全で美味しい食をずーっと提供していただき、農村を守っていただく。。。その代わりに、消費者が農家さんが生産し続けられるだけの対価を払う..
そんな”支援しあう” 関係性。
美味しく・食べた人々を健康で幸せにする農産物を育てる農家こそが報われる社会に〜☆

オラは大きいことはできないが、自分が信頼・尊敬する農家さんやお店の応援を、オラなりに頑張っていこうと、パワーとヒントと勇気をいただけた座談会でした。

高橋編集長はじめ、誘ってくださった松下さん、主催者のカツモトさん。参加されていた宮崎の方々に感謝を込めてー☆
——-
写真は座談会とな関係ないのですが、その後の仕事のあとで呑んだ日本酒。
妹が「鍋島オススメ」、、と言っていたので、「呑んだよー」というレポート(≧∇≦)(笑)
3種飲み比べは、埼玉の「神亀」が一番好みでした(≧∇≦)

宮古島へ

IMG_8700

6月に引き続き、また宮古島へ行ってきました(*´∀`*)

今回は、宮古島を感じる旅。

色んな仕事が混在する中で、制作への集中力が欠けてしまったり、行き詰まっていたりもしたもので、自然に触れ、スケッチしたり、泳いだり、泡盛飲んだり、島野菜や宮古そばをいただいたり、、、ただただ赴くままに、過ごしてまいりました(≧∀≦)

また、遠隔の宮古島において、仕事のコミュニケーションをどうとっていくか。。。
宮古島に限らず、制作の仕事のエリアを広げつつある中、
「アウトプットする前の段階として、吸収し咀嚼するインプットの過程をどうとっていくか」
私の中での大きな課題でした。

でも結局は、何度も通って、観て、音を聴いて、風を感じて、人を感じて、オトーリを酌み交わし、想いを語って、語って、語って。。
情報や通信に頼りすぎず、「リアルを感じること」を繰り返すしかないなーーーと思いました(笑)

玉元さんの宮古島への想いや挑戦する心も、今まで何度となく電話やメールで情報交換してきたけれど、ココロが動くまでに及ばなかったのですが、今回は、私の心にジーンと「感じ取る」ことができました。
金城さんの素直で優しい人柄にもふれあえて、ホントよかった。

宮古島の下地さんの曲は、宮古島で聴くのが一番合うということも分かりました(笑)

そこに何かがあることが分かっていながらも、感じ取ることができなかったものを、たくさん感じ取ることができました。

ホント、行って良かった。

宮古島は今回でまだ2回目。まだまだ何回も行かんとイカンです(笑)

宮古島の皆さま、ご縁をいただけた皆さま、本当にありがとうございました★

たっぷり充電できたので、しばらく制作に没頭したいと思います。
色々お待たせしていてゴメンナサイ。ガンバリマースー★ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

IMG_8786IMG_8771IMG_8753IMG_8844IMG_8842IMG_8700IMG_8928IMG_8789IMG_8697IMG_8698IMG_8934IMG_8837IMG_8838IMG_8839IMG_8883IMG_8887IMG_8875IMG_8921IMG_8834IMG_8892IMG_8895IMG_8713IMG_8868IMG_8927IMG_8923IMG_8914IMG_8904IMG_8910IMG_8902IMG_8909IMG_8827IMG_8857IMG_8824IMG_8809IMG_8800IMG_8799IMG_8798IMG_8944IMG_8937IMG_8940

オトーリとは(*´∀`*)

もりもっ茶割りスタートします★

IMG_8287 IMG_8288 IMG_8289

真心ダイニングやまぢさんで、焼酎のもりもっ茶割りがスタートします(*´∀`*)
やまぢさんには、すごく沢山の焼酎の銘柄が揃っていますので、お好きな焼酎でぜひ★
+200円で、もりもっ茶のデカンタが付いてきまーす(*´∀`*)

ポスターのモデルは、真心ダイニングやまぢ女将の黒木 素弓さんともりもっ茶 (≧∀≦) ポスター内の詩(うた)は、もりもっ茶・森本健太郎氏作です(*´∀`*)

真心ダイニングやまぢさんはコチラです。
https://www.facebook.com/magokorodining

宮崎市橘通西3丁目8-5(日曜日休)
TEL 0985-23-3213

大きな地図で見る

絵を描くということ

絵はカタチなんだけど、何をカタチにしてるかというと、感動だったり愛情だったり、「想い」や「心」をカタチにしておるわけで。

じゃあ仕事で描く場合、愛や想いは何によって形成されるかというと、響き合いというか、相手の熱い想いに感動したり共鳴したり、もしくは、どげんかせんとイカンという思いだったり。

お客様の想いや心や魂と響き合い、オラの魂も育まれるわけでアリマス。

カタチだけ描くのは簡単やけど、ただカタチにしたんじゃ、

「仏つくって魂入れず」。

魂の入らない仏像づくりを継続すると、

心はどんどん擦り切れて、

まるでボロぞうきんみたいに、

廃人のようになってしまうのでアリマス。

過去に何度か、全く描けなくなったことがありまして

だからオラの場合、仕事には愛が必要であり、

ミッションを全うするためにも、愛を育むコミュニケーションが必要なのでアリマス。

絵は心と結びついているんですねー。

実に不思議です。

さーーーー描こう(*´∀`*)

ありがとうございます!

IMG_4835

昨日は、宮崎太陽農園の生駒さんが出張や提案に、おつかれーっ酢も一緒に連れて行ってくださるとのことで。
センスあふれる青戸農場長や与那覇さんは、発売当日、お仕事中抜け出して、わざわざカリーノまで買いにきてくださいましたm(__)m

キムラ漬物の木村さんも、母の日の贈り物にしてくださったり、県外で紹介くださったり。

尾崎牛の尾崎さんは、「毎日一本ずつ飲んで、効果を人体実験する」と、飲んでくださっていたり。

ある、ものすごくお世話になってる方は、「おつかれーっ酢のパッケージを嫌ってるんだ!」とめちゃめちゃ凹んだものの(笑)、気がつけばアチコチで紹介してくださり、いつもメールで「おつかれっ酢」と挨拶してくださり(*´∀`*)

ほか、多くの方々のお心遣いをいただく機会に触れ、本当にありがたいもんだなぁ~としみじみ思う今日この頃です。
******

おつかれーっ酢は、大山食品さんのすばらしい「発酵アミノ黒酢」の力に加え、ウチらHOPSTEPが、魂とコンテンツの力で、どこまで「お疲れさま」の心に近づけるか。「お疲れさま」のシーンのお役に立てるか。。

お役に立とうなんて、本来、驕りかもしれないんだけれど(;´Д`)

ウチらの「魂」のレベル・質と、「コンテンツ」がなせる技の、挑戦でもあります。

******

昨日、大好きな方が、「すごく疲れたから」。。と、おつかれーっ酢を注文してくださいました。

単に「売る」という行為じゃなく、おつかれーっ酢に関わるすべての「心」を大事にしていかねばと、気を引き締める朝でございます。

皆さん、本当にありがとうございますm(__)m

今日もガンバッテコー\(^o^)/